トレーサビリティとは

トレーサビリティ(Traceability)とは、対象物がいつ、どこで作られ、どのような経路で届いたかなどの生産履歴を明らかにすることです。 「trace(追跡)」と「ability(できること)」を組み合わせた言葉です。 最近では食品の異物混入の問題からトレーサビリティの必要性が飛躍的に上昇しており、 その方法としてはバーコードやICタグを使用したシステムが多いです。

導入シーン

計測トレーサビリティシステム

ハンディターミナルと計測器用Bluetoothアダプタを使用し、計測器からのデータを取得するだけでなく、いつ、誰が、何を、どのくらい測定した かという総合的な情報を残すことができます。

主な導入現場としては

  • 製造工場での品質管理部門
  • 食品工場での検査部門
  • 大学・研究機関での実験

    などで使用されています。

    使用機器

    導入事例

    薬品会社向け計測トレーサビリティシステムの事例
    画像を拡大

    導入シーン

    画像を拡大
    配送情報トレーサビリティ

    ボンベに付いているバーコードを読み取ることによって、誰が、
    いつ、何を配送したかの情報のトレーサビリティを残す事 ができ、合わせてハンディ内のマスタと照合させることで出荷ミス防止することができます。

    主にプロパンガス販売会社の検針員が使用されています。



    使用機器

    導入事例

    配送トレーサビリティシステムの事例
    画像を拡大